看護師の管理職を目指す人へのアドバイス

管理職を目指す人必見!

看護師の管理職を目指す人へのアドバイス

病棟主任・病棟副主任・外来主任・外来副主任・看護部長・看護師長・総看護師長などたくさんの役職があります。 病院の規模によって様々ですが、こういった看護師の管理職がそれぞれの仕事を担い、現場を動かしています。

その中の看護主任は、看護師をまとめて、上司にあたる看護師長をサポートします。 他にも通常業務をこなさなくてはなりません。 医療ミスが起こらないように注意したり、働きやすい環境を整えたりするのも仕事の1つです。

このことから看護主任は、豊富な経験と皆をまとめていくリーダーシップが不可欠です。 病院にもよるかと思いますが、10年以上の勤務年数であったり、他にも相当な努力が必要となります。

もちろん役職手当が付きますが、それ以上にハードな仕事内容だと思います。 看護主任であっても時間外勤務や夜勤もあるようです。

看護主任の上司である看護師長についても紹介しておきます。 看護師長とは所謂「婦長さん」のことを指します。 保健師助産師看護師法が改正されたことで、婦長ではなく看護師という風に呼び方がかわりました。

どのような役割なのかというと、看護師長は看護部のトップです。 病院内では中間管理職に位置します。 看護師以外のスタッフとも連携が取れるように統括するほかに、人材の育成に関わって指導を行ったりします。

これらのことから、管理、調整、リーダーシップ、知識、技術の全てが長けていければ務まらない役職と言えます。 管理職になりえる素質のある人材は、他の病院などから声をかけられるという話があります。 管理職を目指すのであれば、これも1つの手ですが、確実な方法ではありません。

最近では管理職向けの求人を扱っている求人サイトなどもあるようです。 複数のサイトに登録すると、選択の幅が広がると思います。 病院の規模によって年収が上下しますが、看護師長の場合、600~650万円が平均です。 大学病院で長い間活躍している看護師長で1000万円以上もらっている人もいるそうです。

転職サイで待遇などを調べてみると、とても参考になりますよ。 管理職を目指している方は、他の病院の情報も集めてみるといいでしょう。