看護師が産婦人科へ転職するメリット

産婦人科に勤めるメリットとは?

看護師が産婦人科へ転職するメリット

産婦人科への転職を考えている看護師さんに向けて、産婦人科の特徴や良い点などを挙げていきたいと思います。 女性の看護師さんであれば、より大きなメリットを感じられることでしょう。 デメリットとまではいきませんが、少しキツイことにも触れたいと思います。

産婦人科は、幅広い世代の患者さんが利用しています。 女性特有の疾病、妊娠、出産に関わる診察を行っていることは、すでにご存知かと思います。 医療機関によって産科と婦人科にわけているところもありますね。

看護師の仕事内容については、医師と連携をとって、診察準備、注射、採血などを任されます。 妊娠・出産に関することは助産師がメインとなりますが、看護師も連携をとって仕事に携わります。

女性の患者さんばかりなので、男性医師よりも頼りにされる場面が多いように感じます。 同性のほうが話しやすく、切実な悩みも打ち明けることができるからだと思います。 このように患者さんからアドバイスを求められたり、相談を持ちかけられることも珍しくありません。

様々な悩みを抱えている患者さんに対して、親身に相談に乗ることによって、やり甲斐や専門的な知識を得ることができます。 こういったスキルを習得できるのも魅力の1つです。

他の診療科目では経験できないくらいに、患者さんとの距離が近くに感じられることでしょう。 意欲を高めることができ、より質の高い看護を目指せる環境だと言えます。 地元に密着している小規模な病院であれば、寄り添うような仕事ができますよ。

しかし、産科となると、助産師が中心となる場合が多いので、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。 助産師と連携して処置する場面においても、お互いに「壁を感じてやりにくい」と悩む人もいます。

産婦人科看護師として、大きなやり甲斐を感じられる場面が、日常の業務の中で沢山あります。 自分が求めている待遇などを踏まえて、理想に近い病院を見つけるようにしましょう。