准看護師求人転職をサポート

転職をサポートしてくれるエージェントとは?

准看護師求人転職をサポート



看護師の資格があるだけで転職に有利です。 しかも、高齢化が進んでいる近年は、どこの病院も看護師を欲しがっているような状況です。

転職に有利とはいえ、待遇などにこだわって理想の職場に出会いたいものですよね。 そのサポートをしてくれるエージェントについて紹介したいと思います。 長いブランクがあっても心配はいりません。

今やインターネットで准看護師求人サイトの求人情報を集めることが常識となりました。 専門分野を扱う転職サイトも多様化してきています。

その中でも、転職を希望している看護師さんに、是非利用してもらいたいサービスがあります。 転職活動に大変便利な、看護師専門の転職エージェントです。 無料で登録・利用ができ、効率的な転職活動をサポートしてくれます。 自分で求人を探して直接応募するのもいいですが、それよりも確実で時短な転職を可能にしてくれますよ。

近年では、面接の前に書類選考を設けているところがほとんどです。 でも自分の履歴書と職務経歴書に自信がない…という人が大半ではないでしょうか。 そんな時に役立つのが転職エージェントです。

求人の紹介だけでなく、履歴書と職務経歴書の添削をしてくれます。 どれだけ立派なスキルや経験があっても、アピールできなくては意味がありません。 不安や疑問に応えてくれる、きめ細やかなサポートが魅力の1つです。

書類選考を通過すると、面接が待ち構えていますが、心配はいりません。 面接に備えて練習を行ったり、事前に病院の情報までも集めてくれます。 面接の際に聞きずらいことも代わりに聞いてくれるので、内定が決まってからの「こんなはずじゃなかったのに」という事態を防ぐことができます。

また、転職サイトも様々あるので、比べてみて自分に適したサイトを探してみましょう。 試しに、自宅付近などの通いやすいところを検索してみてください。 夜勤や非常勤などの勤務体制も合わせて指定すると、更に絞りこめますよ。 応募したいと思っている病院のクチコミなどの情報も集められますので、参考にしてみてください。

看護師給与の実情

看護師といえば、仕事は過酷であるもののしっかり稼げる仕事というイメージが強いですよね。 果たして実際にはどうなのでしょうか。

実は、看護師の給与や働く場所や学歴、経歴によってかなり違いがあります。

特に働く場所による給与の違いは大きいので、経験豊富だからといって必ずしも高収入が得られるとは限りません。 看護師が高収入だと言われる理由として挙げられるのが、手当が充実しているということです。

病院によっては通勤手当や夜勤手当、病棟手当、危険手当などの他、住宅手当が用意されているため、手当だけでもけっこうな金額を得ることができるでしょう。

危険手当というのは全ての看護師に対して支給されるものではなく、放射線下で作業をする職場にいる人などに支給されます。

基本給ばかりを比較して職場を決めると、働き始めたあとに手当が充実していないことに気付くことになるかもしれません。 他と比べて多少基本給が低かったとしても、様々な手当が充実していれば結果的に基本給が高いところよりも出費が少なくて済むかもしれません。

特に毎月の固定費を抑えるためにも住宅手当あるかどうかというのはチェックしておきたいポイントです。

働きに見合った給料がもらえているということであれば不満を感じることは少ないでしょう。

ですが、もしあなたが現在の給料に不満を感じているということであれば、自分の働きに見合った給料がもらえていないということかもしれません。

こんなにがんばっているのにこれだけ?と不満を感じながら働くと、仕事をするのが嫌になってしまいますよね。 現在の給与に不満があるのならば、転職についても考えてみてはどうでしょうか。

もちろん、高収入を得るためには経験を積むことが大切ですが、キャリアコンサルタントに相談をすれば現在の実力に見合った職場を提案してくれるはずです。

自分の労働に見合った収入を得ることができれば、やりがいを持って働くことができるでしょう。

看護師の転職準備はいつから始めればいい?

転職を決めたのであれば、バタバタしないように早めに準備を始めておきましょう。 まず、職場への連絡はどのようにすればいいのかというと、1ヶ月半から2ヶ月前には師長に伝えておく必要があります。

辞めるということを自分で決めてしまってから伝えるよりも、まずは相談という形になるでしょう。 その後に引き継ぎなども行わなければならないため、自分で勝手に退職日を決めてしまうのではなく、病院と相談をしながら決める形になります。

また、引き継ぎには予想以上に時間がかかってしまうこともあるため、どれくらいの時間がかかるかというのをあらかじめ計算しておくといいですね。

転職先を決め、そちらの内定をもらってから師長へ伝えようと思っている人は、転職先にも引き継ぎが終わってからでなければ働き始めることができないときちんと伝えておく必要があります。

転職活動はどれくらい前から行わなければならないのかというと、一般的には3ヶ月前から行ったほうがいいとされています。 師長への連絡を1ヶ月半から2ヶ月前に行い、1ヶ月前には退職届を提出するという流れが一般的です。

貯金などに余裕があるのならば、前の職場をやめたあとで新しい職場探しをしたほうが焦ることなく仕事探しができるでしょう。 内定をもらった職場から早く来てほしいとせかされているものの、前の職場でなかなか引き継ぎが終わらないということになると大変です。

一刻も早く今の職場を辞めたいからといって、無理なスケジュールを立てて転職活動をするのはやめましょう。

転職活動は体力も時間も必要になりますが、自分一人で転職するのが難しいと感じているのであれば転職をサポートしてくれるサイトを利用するのもおすすめの方法です。

キャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるので、自分に合った職場はどんなところなのか分からないという人でも安心して仕事探しができます。

また、転職先とのやりとりも代行してもらうことができるので、仕事の合間に転職活動をしたいという場合にもサポートしてもらうことができるでしょう。